Largely confined to the online transaction’s domain, new cryptocurrency ATMs in Japan are dishing out the convenience many BitCoin and other cryptocurrency users had been wishing for. Though a popular transaction concept, one of the drawbacks of cryptocurrency has been its limitation of use. Unlike normal debit and credit cards, such currency could not be withdrawn or encashed without a thorough understanding of online transactions.

仮想通貨の取引は主にオンラインの領域に限られていますが、新しい仮想通貨ATMが日本においてビットコインやその他の仮想通貨ユーザーが求めていた利便性を広めています。取引のコンセプト自体は人気がありますが、欠点の一つとして使用方法が限られるという点が挙げられます。このような通貨は、デビットカードやクレジットカードとは異なり、オンライン取引を熟知していないと、引き出したり、現金化したりすることができません。

Being the Cryptocurrency Capital of the world, Japan understood this grey area. And that is why new cryptocurrency ATMs are coming up in many parts of the nation even as we write. But how does a cryptocurrency ATM Japan help users? That is the question we are here to answer.

仮想通貨市場を牽引する日本は、このグレーゾーンを理解していました。そして、これが、今この記事を書いている間にも、日本国内全域に新たに仮想通貨ATMが設置されている理由です。しかし、日本における仮想通貨ATMはどうユーザーの役に立つのでしょう。この質問に私達がお答えします。

First of all, it removes the technology awareness from the equation. Before the concept of a cryptocurrency ATM Japan came into light, the users were solely limited to transacting online. For some cryptocurrency users, this posed a challenge in transacting efficiently. With a growing number of ATMs coming up through the nation, you can just walk up to them, swipe the card and make a transaction without in-depth technical knowledge or understanding of online transactions.

はじめに、この問題から技術的な理解を取り除きましょう。日本における仮想通貨ATMのコンセプトが注目される以前は、ユーザーが取引できるのはオンラインに限られていました。このため取引をスムーズに行えないユーザーもいました。日本国内全域のATM設置数が増えることで、ユーザーはただそこに行ってカードを通すだけで、深い技術的な知識を持っていなかったり、オンライン取引を理解していなくても取引ができます。

 

Secondly, cryptocurrency ATM Japan saves time. While transacting through these ATMs you can save time on multiple verifications (such as KYC and AML) that are a norm for online cryptocurrency transactions. Additionally, you do not need to have an online banking account to perform such transactions. This means that you can go completely anonymous while transacting through the ATMs. However, the Japanese government is trying to impose strict rules that might not keep the transactions anonymous in the future.

次に、日本における仮想通貨ATMの使用は時間の節約になります。これらのATMを使うことで、仮想通貨取引では標準である何重もの認証(本人確認やアンチマネーロンダリングなど)の時間を節約することができます。さらに、このような取引を行う際にインターネットバンキングの口座を開設する必要はありません。これは、ATMを使えば完全に匿名で取引が出来ることを意味します。しかし、日本政府は将来的に匿名で取引ができなくする厳格な規則を制定しようと試みています。

Thirdly, the ATMs empower the users with the capacity to buy or sell cryptocurrency at any given time. You can convert the digital currency in your account to local currency or vice versa while buying. A modern-day cryptocurrency ATM Japan can help you finish off a transaction within 15-second. Now, that is a really fast way of transacting.

最後に、ATMはユーザーがいつでも仮想通貨の売買を行うことを可能にします。デジタル通貨を購入する際に自分の口座に日本の通貨として入金することができますし、その逆も然りです。今日の日本における仮想通貨ATMでは15秒以内に取引を終了することが可能です。これは本当に速い取引方法であると言えます。

 

Such ATMs have brought in a modern and user-friendly experience to the cryptocurrency users.

こういったATMは、現代的でユーザーフレンドリーな体験を仮想通貨ユーザーに届けます。